〒462-0819
名古屋市北区平安1丁目8-11

名古屋市北区大曽根の外科・整形外科

TOP 院長あいさつ 医院紹介 外来担当医師 LINK
PRP療法とは 椎間板ヘルニアについて骨粗しょう症についてドクターズ・ファイル
広域地図
〒462-0817 名古屋市北区平安1丁目8-11
クリックすると拡大します
詳細地図
〒462-0817 名古屋市北区平安1丁目8-11
クリックすると拡大します
携帯サイトはこちらから個人情報保護法についてはこちら

PRP療法とは

変形性膝関節症はステロイド剤やヒアルロン酸の注射や消炎鎮痛剤の服⽤で痛みを緩和し、進行を予防しますが、変形が進行すると⼈⼯膝関節等の⼿術が必要になります。
「⾃⼰⾎液成⻑因⼦療法(PRP‐FD療法)」は採血した自分の血液の中に含まれる「修復物質」を抽出して関節内に注射することにより関節軟骨を修復し変形の進行を遅らせる治療です。
従来のヒアルロン酸注射よりさらに有効と考えられ、患者様のご自身の⾎液のみを使用しますのでアレルギー反応等の副作⽤はありません。
メジャーリーグはじめ海外のスポーツ選手が関節⼿術を選択せずに多く受けられている治療です。

PRP療法とは

変形性膝関節症(膝・肩含む全身の関節)
テニス肘・アキレス腱炎、足底筋膜炎等の建の炎症

⽅ 法

⾎液 約50CCを採⾎し、専門業者にてご自身の血小板に含まれる「修復物質」を抽出し、それを採⾎⽇から3週間後に注射で関節内に戻します。治療後は特に⼤きな生活制限はありません。

担当医

志津直行医師 志津香苗医師(藤田医科大学整形外科)
費 ⽤

 

本治療は保険適応外のためすべて自費診療となります。
膝・肩等への関節注射一箇所一回¥200,000(税別)
テニス肘・足底筋膜炎等のスポーツ疾患1箇所一回¥200,000(税別)
(医師問診・施術料・⾎液検査料含む)

 

当院では 約2倍の成長因子を持つ「PFC-FD」(セルソース株式会社)を 採用しています。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。

▲ページトップへ戻る